肌をワンランク上にみせるチーク選び

こんにちは。東京・練馬のパーソナルカラー診断サロン MEIBIの石塚 瞳です。

新作コスメにひと目惚れをして、思わず買ってしまったけれど「似合わなかった」なんていう経験はありませんか?

私は残念なことに山ほどあります!(笑)

カジュアルな値段のドラッグストアコスメから、気合いを入れたカウンターコスメまで、昔は買い物の失敗が多々ありました。
きちんとメイクしたはずなのに、「今日顔色悪い??」などと言われてしまうことも。

今なら失敗の理由がちゃんとわかるんですが、当時は「私の顔は流行りの色が似合わないね・・・残念だね・・・」と悲しいスパイラルの中へ。

顔の中にダイレクトに色が入るので、コスメの色選びでつまずくと洋服でのリカバーがどうやっても難しいんですよね。
(逆に、洋服の色が得意色でない場合はコスメの色選びである程度の調整ができます)

今日はコスメ選びの中でも、表情をより生き生きと見せるチークにまつわる話です。

ファンデーションは元の肌の色や首と差がないか・・・など、ご自身でしっかり選ばれている方が多いですが、チークはパレットの可愛さや、その時の色の好みで選んでしまいがちです。

でもチークの選び方はファンデーションと基本的に同じで、どちらもしっかり自分の肌色と合うものを選ぶこと。

ばっちりな色を選べると、頬が自然な血色のグラデーションを帯びるので、肌がワンランク上に見えます!
横顔もぐっと立体感が出て綺麗に見えるので、人から見てもその差は歴然です。

簡単に、タイプ別のチークの選び方をまとめてみました。
(下図はモニター環境によって色味の違いがでます。ご了承ください。)

 

■スプリング(春)タイプに似合うチーク
スプリングタイプは、黄みの入ったコーラルピンクやサーモンピンクなどの健康的な色みがお似合いです。フレッシュなオレンジも得意。スモーキーな色は元気がなくみえたり、青みのあるピンクはクマを強調してしまうことがあるので要注意です。

MEIBI

■サマータイプ(夏)に似合うチーク
スプリングタイプとは逆に、黄みが入ると途端にぼやけてしまうのがサマータイプ。オレンジ色がを感じるものは選ばずに、青みの入ったベビーピンクやローズ系のピンクを使うと肌の透明感が際立ち洗練された印象になります。

■オータムタイプ(秋)に似合うチーク
オレンジレッドなど、黄味があって深みのある色でぐっとメリハリ感が出ます。ピンクで可愛らしくまとめたい時は、サーモンピンクがおすすめ。明るすぎる色は白浮きしてしまうので自分の肌色と自然に馴染むものを選ぶのがポイントです。

■ウィンタータイプ(冬)に似合うチーク
頬に赤みがない人が多いのでチークをつけないと逆に強い印象になりがちです。(無表情っぽく見えてしまうなど)しっかりと色が出るローズ系のチークがおすすめです。スモーキーな色合いより透明感のある色で華やかになります。

パールやラメ感のあるものを使うときは、スプリング・オータムはゴールド系のもの、サマー・ウィンタータイプはシルバー系のものがおすすめです。

私のお気に入りチークは、最近はこの3点。

MEIBI

左上から時計回りに

  • ランコム ブラッシュ スプティル パレット 01 ペルル ド コライユ
  • ルナソル カラーリングチークスN 02 Light Coral
  • RMK インジーニアス パウダーチークスN 07 ホワイトコーラル

 

私はオータムの中でも色の白いタイプなので、濃い色はやや沈みがち。なので比較的明るめの色を選びます。
ルナソルとRMKは同じイエローベースのスプリングの方も大丈夫です!RMKのホワイトコーラルは特に肌馴染みがよくて、最近一番使っているチークかもしれません。

ランコムはオータムど真ん中な人にとってもおすすめのオレンジレッド。絶妙な色のパレットで、深みのある鮮やかな発色が特徴です。大き目のフェイスブラシでふわっとつけるととっても綺麗に仕上がります♪

血色の要ともいえるチーク。
うっかり寝坊してフルメイクは不可能… そんな時は「肌・眉・チーク」の3点を最初におさえることをおすすめします!(笑)

MEIBIのパーソナルカラー診断では、チークの色はもちろん、ヘアカラーやアイシャドウ、洋服の色やそのカラーコーディネートを、総合的にアドバイスさせていただきます♪

診断メニューはこちら
パーソナルカラーについてはこちら

Pocket


メイクについての最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ