ブルーベースの赤色、イエローベースの赤色

こんにちは。東京・練馬のパーソナルカラー診断サロン MEIBIの石塚 瞳です。

お買い物で少し見分けづらい色の中に、イエローベースの赤とブルーベースの赤があります。

それぞれの赤色がどんな基準で決められているかというと・・・
(下図は色彩学の基本になる、虹の七色を環状に並べたものです)

MEIBI

名前の通り、基準の赤色から黄色に寄ったものがイエローベースの赤、
青色によったものがブルーベースの赤色です。

※モニターごとに色の見え方が異なります、あらかじめご了承ください。

ただ、2色を見比べると差がわかるんですが、洋服単体で判断しようとするとわかりづらいんですよね。

そんな時は、記憶の色で比較することをおすすめします。

イエローベースの赤はトマト・・・
MEIBI

ブルーベースの赤はイチゴ・・・
strawberries-499123_1280

食べ物の記憶色って、人間はすごく思い出しやすいと思うんです。(私だけ??笑)

ぜひぜひ、美味しそうなトマトとイチゴを思い浮かべてみてくださいね( *´艸`)

診断の際にも、この記憶色での色の比較をお伝えしてるんですが、とても好評です!

売り場の照明が白熱灯の場合は、どうしても全ての色が黄色みを帯びてしまうので、生地製の色見本帳をお持ちの方は、お店で洋服と見本帳の色を見比べるのが確実です。

洋服はもちろん、チークやリップ、グロスの赤色ってすごく可愛いですよね。

ぜひお似合いの赤色からコスメを選んでくださいね(^^♪

Pocket


パーソナルカラーの最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ