ブルーベースの黄色、イエローベースの黄色

こんにちは。東京・練馬のパーソナルカラー診断サロン MEIBIの石塚 瞳です。

「ブルーベースの赤、イエローベースの赤(記事はこちら)」が好評だったので、引き続き、黄色バージョンでお送りします~!

タイトルもそのまま「ブルーベースの黄色、イエローベースの黄色」です。

ブルーベースの黄色、と書くと「それはいったい何色!?」って感じですよね。笑

「私は黄色は似合わないから~!」とおっしゃるお客様もいらっしゃるんですが、
お似合いの黄色が見つかるのが、パーソナルカラー診断の楽しいところ。

それぞれの黄色の考え方は、色相環で説明するとこのような図で表せます。

色相環黄色

図の中で、青に近いほうがブルーベースの黄色で、イエローベースの黄色はより暖かみを感じるこっくりしたほうの黄色です。

赤色に引き続き、こちらも食べ物に例えると・・・

レモンや、ゆずシャーベットのような黄色がブルーベース
lemon-682698_1280

04fec57b66319969b13d06c6f478680a_m

熟したバナナや、とうもろこしのような温かみのある黄色がイエローベースです
6fd9a8f2f65a4c169c003350efcff28a_m

corn-87332_1280

一口に黄色といっても、印象が異なるのが写真だとお分かり頂けるかな~と思います。

この黄色は何の食べ物かな~?と思い出しながら手に取ってみてくださいね(^^♪

ちなみに、4シーズンタイプでさらに細かく分類していくと

グレイッシュでややスモーキーなレモンイエローがサマー
su_y

クリアで鮮やかなレモンイエローがウィンター
wi_y

透明感のあるバナナイエローやヴィヴィッドなイエローがスプリング
sp_y

マスタードや、こっくりしたゴールド系のイエローがオータムです
au_s

イエローベースのスプリングとオータムの方が、黄色のバリエーションが多いです(^^♪
(スプリングやオータムでも、例に挙げた2種類の内の片方のみが得意なケースもありますよ~)

色の見分けのコツがコーディネートのお役に立ちますように~!

Pocket


パーソナルカラー // ファッションのことの最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ