【石毛ブログ】「あったら便利な服」と「必要な服」について

こんにちは、石毛亜沙子です。

先日、同行ショッピングのお客様のデニムの下見にUNIQLOに行ってきました。

そのお客様をイメージしながら、自分で1度着てみてシルエットを確認します。

実際に着てみて、自分用にも「意外と似合うかも?」と思ったのがこちら

 

 

(試着室で撮影し忘れたので、ネットから画像拝借しました)

 

股上が深めで腰回りがしっかりフィット、スキニーではないのでももとひざ下もムチっとせず、ステッチの色も主張しすぎず綺麗なデニムです✨

ヒップやももが気になるストレートタイプの私でも良さそうなシルエットでした。

どの骨格タイプの方でも、わりと似合いやすいと思います。

私は脚が短いので、裾は大幅なカットが必要ですが😂

ブルーがいい色でした!黒も良かったですが、この素材で買うなら黒よりデニムらしいブルーかな、黒なら他の素材・形のパンツの方が使いそう、など色々考え、試着室にすごく長い時間いました。

 

想定外の買い物だけど「あったら便利かな」と思ったからです。

けれど、結局購入しませんでした。

 

あのデニムは「似合う服」ではありましたが「あったら便利」=「なくても大丈夫」な服です。

なかったとしても困らないような、今、本当に必要としている服ではないです。

 

私は去年冬のコートを処分したので、今年は買わないと冬を越せません。

優先順位として、デニムより断然冬のコートです。

他にも、これから必要なものが出てきたり、もっと心ときめく素敵なものとの出会いもあるかもしれません。

デニムは必要なものを買ってから、予算とクローゼットスペースを確認して、それでもまだ気になっていたらその時また考えます。

私はあまり多くものを持つことが好きではなくて、シンプルな生活を心掛けています。

なので本当に必要な、厳選したものしか買いません。

 

お洋服や小物、インテリアなど身の回りの物を買う時のハードルは、結構高いです。

たとえプチプラでも、あったら便利そうなもの(=なくても大丈夫なもの)が2つ3つあったら、トータルでなかなかなお値段です。

その分、本当に必要なもの・ものすごく素敵なものと出会った時のために予算とスペースはとっておく方が賢いお買い物だと考えています。

昔は仕事柄もあり(アパレル販売員でした)多くの量のお洋服を持っていました。けれどどれも”似合う服”ではなかったため、量はある割に満足感は得られませんでした。

 

今は厳選した”似合う服”で、ひとつひとつのアイテムの満足度が高いので、少ないアイテムでも足りないとは感じません。

イメージを変えたい時は、小物を買い足すくらいで十分です✨

 

———————–

 

最後に、最近の芋スイーツ🍠

 

 

中に小さな粒の安納芋が入っています😍

出来ることなら定番商品になってほしいものです💕

 

Pocket


ファッションのこと // 石毛ブログの最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ