似合う色、好きな色、着映えする色の話。

こんにちは、石塚瞳です。

最近の服を載せてみます。

休みの日は帽子率が高い🎩

上着を着るとこんな感じ。

バッグを持つとこんな感じ。

服に色味が少ないので、バッグにスカーフを巻いてアクセントにしています。

●コート Maison de Beige

●ニット GU

●スカート noble

●ブーツ AU BANNISTER (5年目…)

●帽子 UNTITLED

●バッグ VIOLAd’ORO

 

※私のパーソナルカラーはオータムタイプ、骨格タイプはストレートタイプです。

※身長は153cm。

 

ニットは990円で衝撃でした…

(余談ですが、昨日同行ショッピングでおすすめしたショートダッフルは値段からすると奇跡のクオリティだと思いました)

 

 

素材のチープ感が目立ちにくいブラックにしました。

甘いデザインなので、そこも考慮してのブラック。

顔映りの良い色を大事にして選ぶなら、色違いのオフホワイトやブラウンになります。

すごく似合う色の色違いがあっても、手持ちのワードローブとの相性やなりたい雰囲気など、まとめて考えて色を選ぶのがすごく大事だなーと今回改めて思いました。

あまりオータム感のない配色になりましたが、お気に入り。

オレンジ系のメイクと、帽子のあたたかみのあるグレーカラーで顔映りの暗さは和らぎます。

冬はアイテムを重ねて足していけるので、あまり得意でないネイビーやブラックも着こなしやすいです。

ゴールドのアクセサリーもあるからね!

夏のほうが1枚で着た時に抜群に映える色を探しているかもしれません^^

 

ちなみに、このアウターも色違いに綺麗なモスグリーンがありましたが、ネイビーを選びました。

販売員の方にはモスグリーンを推されましたが、、、

 

制服を彷彿とさせるようなスタンダードなシルエットのPコートなら、そちらが良かったかも?

つや消しのボタンや、短くデザインされたシルエットなので、シックなネイビーのほうが雰囲気が出るな、と思ってネイビーを選びました。

(それはつまり、ただの私の好み)

 

こんな事を書いてますが、パーソナルカラーを知ったばかりの20代の頃はこういった引きの目線が私はあまり扱えませんでした。

色を得意不得意で5段階くらいに分けたら「普通」のランクはうまく使う方が絶対お得です。

似合う色に縛られて選びにくい、、、となっているケースでは「良い・悪い」の2段階だけになっていることが多いと思います。

私の場合の「どうあがいても素敵になる気配なし」のカラーは、濃いめのブルーグレーやチャコールグレー、マゼンタピンクや鮮やかレモンイエローなどです。

ゾンビみたいになるか、色が歩いてるみたいになってしまいます。

好きですがさすがに着ていない、、、

というわけで、イエローベース感のない配色でも似合う色を無視してるわけじゃないよ〜!というブログでした。

 

少しでも参考になる部分があったら嬉しいです。

 

 

ちょっと前に書いていた妹の結婚式、無事に終わりました。

両親への手紙だ~と思って聞いていたら、私へのメッセージも山盛り入っていて涙。

二次会にも参加したら、姉なのにディズニーペアチケットを当ててしまう奇跡。

妹への思いが私は有りすぎて、実は書けば書くほどうまくまとめられなかったのですが、ご報告がてら簡単に記しておきます💍

私があちこちで言っていたため、お祝いの言葉をかけてくださったお客様が多く・・・

本当にありがとうございました!

 

Pocket


パーソナルカラー // ファッションのことの最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ