【骨格診断】もも張り=ウェーブタイプ?

骨格診断でストレートタイプの方に結果をお伝えすると

「もも張りなのでウェーブだとずっと思っていましたー!」

とコメントを頂くことが多いのですが、ストレートの方はウェーブと同じかそれ以上に太ももが張りやすいなと感じるケースが多いです。

 

筋肉が発達しやすいので、大きな筋肉のパーツでもあるヒップや太ももにボリュームが出やすいです。

ストレートで、タイトスカートよりも台形スカートやフレアスカートのシルエットのほうがお似合いになる方はその傾向が強いなと思います。

 

↓ 広がるスカートでも、シワになりにくい素材で、裾に向かって直線的に広がるシルエットが似合います◎

 

(画像引用:ANAYI)

 

ラフな感じが好きな人ならこんな感じも◎

(画像引用:PAL CLOSET online store

両方とも、腰回りはすっきりしているのがポイントです。

 

ただ、上記の前提を覆すような話になってしまうのですが・・・

脚の形は、股関節のつき方や生活習慣、運動習慣で個人差がとても大きいなと思います。

 

太ももの付け根に近い大転子という骨が出ている方は、タイプに関係なくもも張りになっていることが多いです。

 

(↑突然の骨のイラスト。私もこの骨がでている・・・☠️😭)

(画像引用:Pinterest
 

もちろん、ナチュラルタイプでも同様です。

(今週は、ウェーブだと思います〜!とおっしゃる方が、お二人ともナチュラルでした)

日常の動きの癖や歩き方、過ごす時間が長い姿勢から影響を受けるパーツは、やはり個別のアドバイスになります。

整体院のごとく、姿勢をチェックしながら触らせてもらうことが多いです。

 

骨格診断のセルフチェックにピンと来ていない〜〜という方はぜひお越しください◎
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
おくればせながら「おっさんずラブ」をAmazonプライムで全話みました。

リアルタイムで誰かと盛り上がらなかったことを後悔する面白さでしたー・・・!

Amazonプライムのおかげで毎日がだいぶ楽しくなっています📺

 

Pocket


骨格診断の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ