「外見は内面の一番外側」という言葉に思うこと

3月〜4月は環境が変化する人が多い時期だからか、同行ショッピングのご依頼が増える時期です。

ありがとうございます!!✨

カラー診断や骨格診断などの対面のファッションのレッスンを受けてから、内容を活かして自分で服を選べる人は、しっかり自走できる人です。

料理でいうと、レシピを見たらすぐ作れる人。

このタイプの人は、対面レッスンで「悩み解決!すっきり!!」となると思います。

もし対面のレッスンを受けた後に迷う人は、ぜひ担当したアドバイザーにショッピング同行をお願いすることをおすすめします。

これもまた料理でいうと・・・(笑)料理教室です!

パーソナルカラーや骨格診断など、同じ名前のファッション分析を取り扱っていても、おすすめするアイテムやその組み合わせ、アドバイスには担当者の好みや価値観が強く出ます。

実際に会ってみて、この人のセンスが好きだな〜と思える人に依頼するのがおすすめです。
 
MEIBI
 
話が少しそれますが、

「外見は内面の一番外側」「着ている服が人生を表す」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

選ぶものには、考えていることや価値観が出ます。だから実際にその通りかもしれません。

でもこの「外見は内面の一番外側」というフレーズは、服選びを苦手に感じている人のコンプレックスを、ますます膨らませてしまうように思えて、私にとっては苦手な種類の言葉です。

元はそんな意味合いじゃないのかもしれません。でも、そう受け取られかねない使い方も実際にされていると思います。

この言葉がすぐ心に響く人は、洋服選びや外見に手をかける事が、もともと得意で楽しんでいる人ではないでしょうか。

本来は、おしゃれする自由もあれば、おしゃれをしない自由もあります・・・人それぞれ事情も違います。

それでもきっと今は、コミュニケーションの形が変わって、安くて買いやすい服屋さんもたくさん増えて、外見の持つ意味合いが大きく膨らんでしまっているのだろうなと思います。
 
おしゃれの得意不得意は、チャーハンが上手に作れるとか、足が速いとか、元々そういうのと変わりません。(と私は思う)

コツを掴んだら、心地よい外見作りは誰でも出来ます。(チャーハン作りのように)
 
一人一人に違う魅力と個性があって、内面があります。

気分が明るく変わる服に袖を通したら、もともと持っている内面が輝いて、結果それが外見の輝きになるのだと思います。

ホームページのトップにあるメッセージも、そんなことを思いながら書きました。
 
 
そんなこんなで(?)先月初旬に同行ショッピングさせていただいたMさんからのご感想を紹介します🌟

ご要望にあった服をこちらで予め探させて頂いて、ジャケットやトップス、スカートやパンツ、といろいろと購入されました。

この約1ヶ月、今までにないくらい洋服にお金をかけたのですが、良い買い物が出来たと思っています。

自己流で勉強して買い物をしても、こんな素敵なものには出会えなかったと思いますし、
しばらくは春夏服を買う必要がなくなり、時間の節約が出来ました!!

(中略)

洋服や靴は一生付き合わなければならないものですが、それらのことを考える時間を他のことに当てられるので、
石塚さんにお願いして本当に良かったです。

今度は、冬物やトレンチコートを買うときにお願いさせていただこうと思います。

 
ショッピング終了後は、他のメニューと同様で1ヶ月間は何度もご相談いただけます。

手持ちの服との組み合わせや、追加であると良いものなど、答えられる範囲ですが基本的になんでも聞いてもらってOKです。
 
 
そうそう、4月からMEIBIの5年めがスタートです!

これからもどうぞよろしくお願いします!!💖
 

Pocket


お客様からのご感想 // パーソナルカラー // ファッションのこと // 骨格診断の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ